Lenovo バッテリー > Lenovo ThinkPad T410s 互換用バッテリー

Lenovo ThinkPad T410s 互換用バッテリー/Lenovo ThinkPad T410s 対応充電池

Lenovo ThinkPad T410s 対応バッテリー/Lenovo ThinkPad T410s 対応充電池

低価格、高品質パソコンバッテリー、ThinkPad T410s ACアダプター、ノートブックバッテリー専門店 ,真新しい! 2年間保証、対応迅速! 弊社は豊富に製品をストックしています!
  • 容 量:3600mAh
  • 重  量 : 316g
  • 電  圧 : 10.8V
  • カラー :Black
  • サイズ : 206.60 x 50.00 x 20.21 mm
  • 価 格 : 5188円

※国内リチウムイオン電池PSE法(電気用品安全法)に対応しています。 
※出張やアウトドア等、コンセントの無い場所でノートパソコンを使用する際 の最高な選択です。 
※過放電および過充電防止回路付き。

Lenovo ThinkPad T410s 用ACアダプタ

Lenovo ThinkPad T410s 用ACアダプタ

低価格、高品質ThinkPad T410s バッテリー、ACアダプター、ノートブックバッテリー専門店 ,真新しい! 2年間保証、対応迅速! 弊社は豊富に製品をストックしています!
  • 製品コード:LLNAC02
  • 条 件 : 真新しい
  • カラー: ブラック
  • 付 属 : 電源コード
  • 価 格 : 4543 円

対応ラップトップモデル:

  • Lenovo 51J0497 ,
  • Lenovo ASM 42T4691 ,
  • Lenovo FRU 42T4688 ,
  • Lenovo FRU 42T4690 ,

充電池互換電池 コード:

  • Lenovo ThinkPad T400s ,
  • Lenovo ThinkPad T410s ,

1.Lenovo ThinkPad T410sバッテリーは満タンまで充電しない
ThinkPad T410s バッテリーを満タンまで充電した状態で放置するとバッテリーの劣化を早めてしまいます。 そのため、最近のノートパソコンでは充電量が80%までで制限されているものもあります。
2.Lenovo T410s バッテリーが空の状態のままで放置しない
満タン状態ではなく、空の状態のまま放置されても劣化してしまいます。 このような状態を「過充電・過放電」と呼び、バッテリー劣化の最大の原因になっているので注意しましょう。
3.家で使う時はACアダプタを使い、バッテリーは外しておく
あまりノートパソコンを外に持ち歩かず、家で使うのがメインという人はなるべくバッテリーを外しておきましょう。(保管時の注意は下記参照)Lenovo ThinkPad T410s バッテリーを挿入したままACアダプタからの電源供給を行っていると、常にバッテリーが満タン状態になるため劣化する危険が高まります。
4.できる限り高温を避ける
ノートパソコンのバッテリーは温度によって劣化速度が大きく変わります。 (高温ほど早く劣化する) ノートパソコンはただでさえ冷却機能が弱いので、T410s ACアダプタで常に充電を行いつつ、しかも長時間パソコンを起動しているとものすごい早さでLenovo T410s バッテリーが劣化していきます・・・。
Lenovo ThinkPad T410sのバッテリーを長期間使用せず保管するには、充電残量が 20 ~ 30 %前後の状態でバッテリーを取り外し、涼しい場所に保管してください。 また、3~6ヶ月に一回程度は、100%近くまでの充電を行い、その後再度20~30%まで使用してから、再度保管するようにしてください

ThinkPad T410sバッテリを取り外すときは、次の点をご注意ください。
バッテリを取り外すときは、パソコンの電源を必ず切りACアダプタを取り外してください。
また、パソコンやバッテリのコネクタに触れないでください。
感電や故障の原因となります。
取り外したレノボ ThinkPad T410sバッテリは、ショート(短絡)防止のために、LENOVO ThinkPad T410sバッテリのコネクタに絶縁テープを貼るなどの処置を行ってください。
なお、取り外したバッテリは乾電池などの電池と混ぜないようにしてください。
高温の環境下にパソコンやバッテリを放置しない.
※バッテリパックは消耗品です。レノボ ThinkPad T410sバッテリ駆動時間および充電時間は、使用環境により異なります。
※ Edenchi.jp 最高 水準のサービス提供と、顧客との長期的な信頼関係の構築を常に優先する。