Lenovo バッテリー > Lenovo IdeaPad Y430g 互換用バッテリー

Lenovo IdeaPad Y430g 互換用バッテリー/Lenovo IdeaPad Y430g 対応充電池

Lenovo IdeaPad Y430g 互換用バッテリー/Lenovo IdeaPad Y430g 対応充電池

低価格、高品質IdeaPad Y430g パソコンバッテリー、ACアダプター、ノートブックバッテリー専門店 ,2 年保証!真新しい!ぞくぞくと毎月多数入荷、よりやすい値段! 高品質 , 早い出荷!
  • 容 量:4400mAh
  • 重  量 : 306.5 g
  • 電  圧 : 10.80 V
  • カラー :Black
  • サイズ : 206.55 x 62.80 x 20.15 mm
  • 価 格 : 5157円

※国内リチウムイオン電池PSE法(電気用品安全法)に対応しています。 
※出張やアウトドア等、コンセントの無い場所でノートパソコンを使用する際 の最高な選択です。 
※過放電および過充電防止回路付き。

Lenovo IdeaPad Y430g 用ACアダプタ

Lenovo IdeaPad Y430g 用ACアダプタ

低価格、高品質パソコンバッテリー、Lenovo Y430g ACアダプター、ノートブックバッテリー専門店 ,2 年保証!真新しい!高品質の低価格!出荷が速い!すべての安全との互換性要求を満たします!
  • 製品コード:LLNAC05
  • 条 件 : 真新しい
  • カラー: ブラック
  • 付 属 : 電源コード
  • 価 格 : 4543 円

対応ラップトップモデル:

  • Lenovo IdeaPad V430a ,
  • Lenovo IdeaPad V450a ,
  • Lenovo IdeaPad Y430 ,
  • Lenovo IdeaPad Y430g ,

充電池互換電池 コード:

  • Lenovo L08O6D01 ,
  • Lenovo L08S6D01 ,

Lenovo Y430g 用充電池サイクル寿命とは何ですか?

ノートブックは、バッテリセルサプライヤーによる推奨やベストプラクティスに従い、バッテリが100%完全に充電された時点で充電はされなくなります。 バッテリーが100%完全に充電されると、「充電終了ビット」がセットされ、バッテリは充電されなくなります。 バッテリは残量ゲージが94%を下回るまで「充電終了ビット」をクリアしません。 バッテリ残量ゲージが94%を下回ると、「充電ビット」がセットされ、バッテリはノートブックに接続されたACアダプターで充電を開始します。 94%~100%のレベルでACアダプターが外された場合は、「充電ビット」がセットされないため、ノートブックはバッテリーを充電しなくなります。

バッテリサイクル寿命とは、有用な充電量がなくなるまでにバッテリによって行われる、放電-充電サイクルの総数です。 再充電可能Li-Ionバッテリのサイクル寿命を推定することは困難です。これは、サイクル寿命がバッテリの平均作動温度やエネルギー放出率に影響されるためです。

基本的には、温度が高くなったりエネルギー放出率が高くなると、IdeaPad Y430g 対応バッテリーサイクル寿命は短くなります。 バッテリの作動温度は、ノートブック自体およびその周辺環境 (ドッキングステーションなど) によって発生する熱だけでなく、気温にも左右されます。 エネルギー放出 (排出) 率は、ノートブック上で動作しているアプリケーションの種類や、ノートブックの電源管理設定に左右されます。

たとえば、CADやゲーム、DVDムービーなどのコンピューターを駆使したアプリケーションを実行すると、ワープロアプリケーションを実行する場合よりも、バッテリが速く消耗し、サイクル寿命は短くなります。

再充電可能リチウムイオンバッテリーの1サイクルは、満充電容量にほぼ等しい累積放電量です。 たとえば、10%の放電深度が10回発生した場合も、50%の放電深度が2回発生した場合も、1サイクルとなります。

【リフレッシュ手順】
(1)AC電源を抜いたノートPCにIdeaPad Y430g 対応充電池を装着します。

(2)電源をONにしてPCを起動しBIOSモードを立ち上げ、バッテリーに残っていた電池がなくなるまでそのまま放置します。
(BIOSの立ち上げ方法はPCによって違う場合がありますので、自分のPCのがCF-B5以外の場合は調べてくださいね☆大概は電源入れて、ロゴ画面起動時位にDELかF2を押すとBIOSに入れると思います…)

(3)バッテリーの電池がなくなってPCの電源が落ちたら、バッテリーをPCから取り外します。落ちた直後であれば、熱いはずですので常温になるまで置いてて下さい(目安は15~30分位で良いと思います)。

(4)再度バッテリーを装着してAC電源を差して充電を開始します☆

(5)フル充電が完了したらバッテリーを取り外して涼しいところで保管します。
保管後は、半年~遅くても1年以内にまた(1)~(5)の作業をしておくと良いです。

※もし長期間保管しておいたバッテリーが自然放電により電池がなくなってしまっていた場合、フル充電して保管する前にいちどバッテリーリフレッシュをしておくと良いです。