Lenovo バッテリー > Lenovo 0A36292 互換用バッテリー

Lenovo 0A36292 互換用バッテリー/Lenovo 0A36292 対応充電池

Lenovo 0A36292 互換用バッテリー/Lenovo 0A36292 対応充電池

低価格、高品質Lenovo 0A36292 パソコンバッテリー、ACアダプター、ノートブックバッテリー専門店 ,2 年保証!真新しい!品数豊富に取り揃えと送料無料で人気、格安と良質な商品を販売する、それに一番良いサービスを提供しております。
  • 容 量:5600mAh
  • 重  量 : 296g
  • 電  圧 : 11.1V
  • カラー :Black
  • サイズ : 207.00 x 55.10 x 20.51 mm
  • 価 格 : 9259円

※国内リチウムイオン電池PSE法(電気用品安全法)に対応しています。 
※出張やアウトドア等、コンセントの無い場所でノートパソコンを使用する際 の最高な選択です。 
※過放電および過充電防止回路付き。

Lenovo 0A36292 用ACアダプタ

Lenovo 0A36292 用ACアダプタ

低価格、高品質パソコンバッテリー、Lenovo 0A36292 ACアダプター、ノートブックバッテリー専門店 ,2 年保証!真新しい!高品質の低価格!出荷が速い!すべての安全との互換性要求を満たします!
  • 製品コード:LLNAC00
  • 条 件 : 真新しい
  • カラー: ブラック
  • 付 属 : 電源コード
  • 価 格 : 4543 円

対応ラップトップモデル:

  • Lenovo 0A36292 ,
  • Lenovo 3INR19/65-2 ,
  • Lenovo 42T4957 ,
  • Lenovo 42T4958 ,
  • Lenovo 42T4961 ,
  • Lenovo 42T4962Lenovo 45N1058 ,
  • Lenovo 45N1059 etc ,

充電池互換電池 コード:

  • LENOVO ThinkPad X130e Series ,
  • LENOVO ThinkPad X131e Series ,

Lenovo 0A36292 対応バッテリーを5年保たせたノウハウ
リチウムイオンバッテリーのかんどころ

1.満充電だと劣化する
満充電が続くと、リチウム系バッテリーは傷む。

なので、寝てる間にパソコンやモバイル機器を充電、というのは、電池寿命を短くします。
また、車のシガーソケットや、FMトランスミッターに常時 iPhoneやiPodを繋ぎっぱなしにするのも、同じ理由で劣化します。

というわけで、リチウムイオン系バッテリーの良い運用方法は、
20〜80%の充電状態をいったり来たりさせるのが、一番長持ちするそうな。

ちなみに、わたくしこれはもう、かれこれ7年くらいかたくなに守ってるけど、その間に、Lenovo 0A36292 互换用バッテリーがダメになって使いづらくなった、ということはほぼないですなぁ。
今回のMacが初くらい。なので、これは効果大。

2.充電できる回数が決まっている
リチウムイオン電池の一般的な充電回数(寿命)は、500回程度。
毎日寝る前に充電してたら、大体1年半くらいでどんなリチウムイオンバッテリーも、半分程度まで劣化しうる、てことですね。
3.熱いと傷む
これも、見過ごされがちですが、負荷のかかる作業(動画を見るとか、重いソフトの起動とか)をしていると、機器本体はだいたい熱をもちます。
その状態で、電源ケーブルをつないで充電しつつ、wifi使用して、GPSオン!みたいなことをやると、結構な熱を生むため、電池の寿命は縮みます。
どこで見たか忘れてしまったけど、保管温度が倍になると、電池寿命が半分になる、みたいな記述を見たことがあったような気がしなくもない(うるおぼえ)。
4.長持ちさせた方が、長い視点で2段階に割安
長持ちさせれば、減価償却的に割安になるのはもちろん、発売から時間が経てば、かつての商品も古くなり値段が下がるわけで、つまりは2段階でおトク!
そしてそして、ネット全盛のこのご時世。
それなりにメジャーな商品のLenovo 0A36292 ノートPCバッテリーは、それなりに見つけられる実感がありますよ。

AC電源での駆動時はバッテリーを外す?

ノートパソコンをAC電源で利用することが圧倒的に多いなら、バッテリーは本体から外しておいたほうが良さそうです。

バッテリーの寿命は、通算の利用時間ではなく、充放電の回数で決まります。ノートに装着したままにしておけば、電源を切り、Dell AC電源を外しても常にフル充電の状態が保たれそうにも思えますがそうでありません。ノートパソコン用のバッテリーは、バッテリーパックに制御用の回路が組み込まれていて、パソコンの電源を切っているときも電力を消費しています。AC電源をつなぐと充電が始まるので、電源のオン・オフをするたびに充放電を繰り返すことになるのです。

またパソコンの熱もバッテリーの寿命を縮めます。普段はAC電源で駆動しているなら、バッテリーパックは外しておいたほうが良いでしょう。

バッテリーパックは、保管するときにも注意が必要です。現在、ノートパソコンに多く使われているリチウムイオン電池は、長時間利用しないでいると、二度と充電ができなくなる「過放電」しやすい傾向にあります。過放電を防ぐには、半分程度充電した状態で涼しくて湿度の低い所に保管し、半年に一度くらいは忘れずにやはり半分程度まで充電するようにしましょう。

また、一般的に充電池は、フル充電した際の駆動時間が従来の半分になると寿命とされます。寿命までの充放電の回数は、300回から500回程度が目安です。ソニーなど、この充放電回数が分かるユーティリティを用意しているメーカーもあります。