Acer バッテリー > ACER TravelMate B113M Series 高品質バッテリー

ACER TravelMate B113M Series 互換バッテリー/ACER TravelMate B113M Series 高品質バッテリー

ACER TravelMate B113M Series 互換バッテリー/ACアダプタ

低価格、高品質ACER B113M パソコンバッテリー、ACアダプター、ノートブックバッテリー専門店 ,2 年保証!真新しい!お客様第一!お客様のニーズを満足するのは私達の目標でございます!
  • 容 量:32Wh
  • 重  量 : 202g
  • 電  圧 : 14.4V
  • カラー :Black
  • サイズ :
  • 価 格 : 9243円

※国内リチウムイオン電池PSE法(電気用品安全法)に対応しています。 
※出張やアウトドア等、コンセントの無い場所でノートパソコンを使用する際 の最高な選択です。 
※過放電および過充電防止回路付き。

ACER TravelMate B113M Series ACアダプター /充電器/PC電源

ACER TravelMate B113M Series ACアダプター /充電器/PC電源

低価格、高品質パソコンバッテリー、TravelMate B113M ACアダプター、ノートブックバッテリー専門店 ,2 年保証!真新しい!弊社は豊富に製品をストックしています。ご安心購入してください。
  • 製品コード: LACAC02
  • 条 件 : 真新しい
  • カラー: ブラック
  • 付 属 : 電源コード
  • 価 格 : 4383 円

対応ラップトップモデル:

  • ACER TravelMate B113 Series,
  • ACER TravelMate B113M Series,
  • ACER TravelMate B113-M Series,

充電池互換電池 コード:

  • Acer AL12B32 ,

ACER B113M Series 互换用バッテリー劣化の原因と対策
1.満充電(残量100%の状態)での保存

対策:電源アダプターをつないだままにしない

電源アダプターをつなぎっぱなしにしていると、「満充電保存」と呼ばれる状態になります。劣化の原因ですので、電源アダプターをつないだまま残量100%の状態での使用・放置は控えましょう。

2.残量0%状態での放置

対策:残量が0%の状態で放置しない

満充電状態がバッテリー劣化の原因になる一方で、「過放電(残量0%の状態)」もその原因になります。バッテリー残量が0%の状態で長期間放置すると、内部の素材が劣化する場合があります。久しぶりに使おうと思ったのに充電ができない、となると困りますよね。使わないことが、反対に劣化を促進してしまう恐れがあるのです。

対策は、TravelMate B113M Series 対応バッテリーが0%の状態で放置しないことです。0%になった場合はすぐに充電するのはもちろん、しばらく使わない場合にも定期的に充電し、残量が30~50%ある状態をキープするようにしておきましょう。

3.高温の環境

対策:バッテリーを高温の環境にさらさない

リチウムイオン電池の最高許容周囲温度は、約45℃といわれています。高温の環境に置くと、それだけで電池の劣化が進みます。例えば、直射日光下の車のダッシュボードや暖房の前に放置してしまう、などです。スマートフォンでも、充電をしながらフルセグでテレビを視聴するなどで、45℃を超えてしまうこともあるのです。

長く使い続けるために、ぜひ以上の対策を心がけましょう。

ずっと充電しているのに100%にならないときは

この場合、劣化による「セルバランスが崩れた状態」が考えられます。

バッテリーパックの中には、小さなACER TravelMate B113M 充電池(セル)が小分けされて入っています。繰り返し使ううちに、セルによって残量に差が出るなど、バランスが崩れてしまうことがあるのです。そうなると、残量が多いセルが満充電になったところで、充電が止まってしまいます。このため、バッテリー全体では充電の余地があっても、それ以上充電できないと判断されてしまうのです。