ACER TravelMate 632 互換バッテリー/ACER TravelMate 632 高品質バッテリー

ACER TravelMate 632 バッテリーパック

低価格、高品質パソコンバッテリー、ACアダプター、ノートブックバッテリー専門店 ,2 年保証!真新しい!本店のTravelMate 632 充電池は貴方にとっては絶対後悔しない選びです!
  • 容 量: 4400mAh
  • 重  量 : 406 g
  • 電  圧 : 14.8 V
  • カラー :Black
  • サイズ : 159.00 x 72.00 x 21.00 mm
  • 価 格 : 5885円

※国内リチウムイオン電池PSE法(電気用品安全法)に対応しています。 
※出張やアウトドア等、コンセントの無い場所でノートパソコンを使用する際 の最高な選択です。 
※過放電および過充電防止回路付き。

ACER TravelMate 632 ACアダプター /充電器/PC電源

ACER TravelMate 632 ACアダプター /充電器/PC電源

低価格、高品質パソコンバッテリー、ACアダプター、ノートブックバッテリー専門店 ,2 年保証!真新しい!ACER 632 充電池の故障に遭遇しまったで悩みだったのだろうか? 交換用バッテリーを用意しておきましょう!
  • 製品コード: LACAC02
  • 条 件 : 真新しい
  • カラー: ブラック
  • 付 属 : 電源コード
  • 価 格 : 4383 円

対応ラップトップモデル:

  • ACER TravelMate 620,
  • ACER TravelMate 621,
  • ACER TravelMate 622,
  • ACER TravelMate 623,
  • ACER TravelMate 624,
  • ACER TravelMate 630,
  • ACER TravelMate 631,
  • ACER TravelMate 632,
  • ACER TravelMate 633,
  • ACER TravelMate 634,
  • ACER TravelMate 636,
  • ACER Packard Bell iPower 7000,

充電池互換電池 コード:

  • Acer 6.42S16.001 ,
  • Acer 60.42S16.011 ,
  • Acer 60.42S16.012 ,
  • Acer 60.43T12.031 ,
  • Acer 60.49H10.001 ,
  • Acer 91.42528.001 ,
  • Acer 91.42S28.001 ,
  • Acer BTP-39D1 ,
  • Acer BTP-39SN ,
  • Acer BTP-620 ,
  • ACER 6863950000 ,

ACER TravelMate 632 交換用充電池劣化の原因

バッテリーを劣化させる原因は多々ありますが、主な原因は次のとおりです。

すぐに充電する

バッテリーをこまめに充電するのはNGです。

バッテリー容量が100%に近いのに、すぐに充電&放電を繰り返すのはバッテリーに負荷がかかります。
よくあるパターンとして、ACアダプターを繋いだままパソコンを使用すると、少しバッテリーが減っただけで充電をしてしまいます。
細かい充放電が頻繁に行われると、バッテリーは劣化してしまいます。
この場合は○○%を下回ったら充電を開始する、といった設定をすることにより回避可能です。

充電回数が多い  

充電回数が多いと、ACER 632 対応バッテリーの劣化を早めてしまいます。
あまり神経質になる必要はありませんが、目安としては25%を下回ってから充電するように心がけましょう。
ニッケル水素の場合はできるだけ使いきってから充電するほうが望ましいです。

メモリ効果

ニッケル水素の場合、「メモリ効果」と呼ばれる現象が発生する場合があります。
満充電 → 70% → 満充電 → 70% などの頻繁な充放電を繰り返した場合、本来ならばまだ70%の残容量があるのにもかかわらず、0%となってしまいバッテリー切れを起こしてしまいます。

つまり、70%になった時点で「バッテリー切れ」と記憶(メモリ)してしまうのです。
ちなみにメモリ効果が発生してしまったバッテリーは元の状態に戻すことはできないと言われています。
新品交換となってしまうので、気をつけましょう。

なお、リチウムイオンバッテリーではメモリ効果の発生は少ないと言われています。

充電しながら使う

充電しながら使うと、TravelMate 632 充電バッテリーに負荷がかかります。
充電と放電を同時に行うことになるので、劣化が早くなってしまいます。

また、充電しながら使っているとバッテリーが高温になる場合もあります。
高温もバッテリーに良くないので、充電しながらの使用は避けましょう。

高温低温状態で使う

バッテリーは急激な温度変化が苦手です。
暑すぎたり寒すぎたりする環境では劣化が進んでしまいます。
バッテリー温度は20~25℃を保つように心がけましょう。

衝撃や水分に気をつける

バッテリーに衝撃を与えたり、水に濡らすのはNGです。
強い衝撃を受けたバッテリーや、水濡れしたバッテリーは絶対に使わないようにしましょう。
パソコンの故障原因となるのはもちろん、怪我や感電してしまう危険もあります。

満充電の状態で放置する

バッテリーが満タンの状態で長期放置するのは劣化を早めてしまいます。
長期間バッテリーを使わない場合は50%程度の充電状態にして涼しい場所へ保存するようにしましょう。

充電が空の状態で放置する

バッテリーを空の状態で放置するのもNGです。
バッテリーは過充電、過放電が苦手です。劣化を早める原因となりますので注意しましょう。